多摩グリーンテクノ国際特許事務所 多摩ソフトウエア有限会社 特許翻訳サービス弁理士 無料相談 格安 出願 申請 費用 日本全国対応

国際特許事務所 多摩グリーンテクノ国際特許事務所 多摩ソフトウエア有限会社 特許翻訳 取得代行 特許事務所 格安 出願 無料相談 弁理士 費用 申請
特許事務所 格安 出願 無料相談 弁理士 費用 申請 特許翻訳 取得代行 国際特許事務所

国際特許事務所 特許翻訳 取得代行 特許事務所 格安 出願 無料相談 弁理士 費用 申請 東京都 足立区 千住 茨城県つくば市Patent Honyaku Office Tsukuba Ibaraki Tokyo Japan 国際特許・特許翻訳サービスなら弁理士【多摩グリーンテクノ国際特許事務所】【多摩ソフトウエア有限会社】に、お任せ下さい!30分 無料相談ですので安心して、ご相談できます。また日本全国対応、格安費用で出願 申請出来ますので、ご不明な点などお気軽にご連絡ください。電話番号:03-5813-5563 <対応地域>【関東地方】東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県 山梨県【関西地方/近畿地方】大阪府 兵庫県 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県【東海地方】愛知県 岐阜県 静岡県 三重県【中国地方】鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県【四国地方】徳島県 香川県 愛媛県 高知県【九州地方】福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県【北陸地方】富山県 石川県 福井県【信越地方】新潟県 長野県【東北地方】青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県【北海道】【沖縄県】

-Greetings-
My patent firm, Tama Green Techno Patent Firm was born on April 1st, 2016, placing its base in Tsukuba city,Ibaraki prefecture as a firm mainly focusing on filing foreign patent applications as well as providing services relating thereto such as English translations of patent related documents (Representative: Takehiko Ishido [Japan Patent Attorneys Association registration number: 14535]) (Patent Attorney Navigation: http://www.jpaa.or.jp/cat=775?). The name of my firm has been created as below: "Tama" is taken from "Tama Software Co., Ltd.", "Green" comes from my sincere wish of not losing my initial hope that is fresh just like Green Leaves, and "Techno" is intended to be named after Tsukuba city, the city dedicated to prosperity of Science and Technology in almost every its main areas. My patent firm has been establised and named by thus combining each of these crucial terms.
-Work Area of my firm-
Mutually beneficially cooporating with located in Adachi-ku, Tokyo Kita-Senju, my firm handles English Translations of patent documents and filing PCT applications (including those written in English) as well as filing domestic applications to be filed with the JPO, which are imported from foreign countries.
公式情報 -Official Information-

WORLD INTELLECTUAL PROPERTY ORGANIZATION (WIPO)
−PCT related homepage−
−Others−

無料知的財産相談 -Complimentary Professional Advice about IP matters-
特許法(外国特許法、PCT含む)、実用新案権法、意匠法、商標法などの各産業財産権法、著作権(特定分野に 限る)、不正競争防止法(特定不正競争に限る)に関する無料相談(ただし、30分まで)を承ります。メールフォームまでお気軽にお問い合わせください。

PCT関連情報

サービス内容

多摩ソフトウエア特許翻訳部門のご紹介

1.特許翻訳部門について
 コンピュータソフトウエア関連分野の翻訳で、既に数多くの実績のあるタマソフトウエア有限会社(以下、「当社」という。)では、長年に亘り蓄積したノウハウを最大限活用する形で、英文翻訳業務に通じた弁理士の監修の下、特許翻訳の分野で翻訳業務を行っております。

 ターゲットとしては、比較的小規模の特許事務所様(所員数名〜十数名程度で翻訳業務にお困りの事務所)、新たに外国出願を所内で行われる特許事務所様(他の事務所に外国出願、中間処理対応を移管されている事務所)、小規模企業の知財部様への、主として翻訳業務からの外国出願をサポートさせて頂くことを念頭としています。

 技術分野は、得意とするコンピュータソフトウエア関連を始めとして、電気(半導体装置、電気機器、電気回路、送電システム等)、機械(自動車関連装置・システム・部品、各種制御技術、ロボット関連技術、油圧装置、各種製造装置、日用品等)、化学(化学品、組成物、樹脂・ガラス等の素材、化学プラント、但し、薬学・バイオは除く)に対して幅広く対応します。
2.業務内容
 「日本語特許明細書の和文からの英文への翻訳(以下、「英文翻訳」という。)」、「国内拒絶理由通知の英文翻訳」、及び「特許関連コレポン文書の英文翻訳」を行います。
 「日本語特許明細書の英文翻訳」では、英文でのダイレクトPCT出願※1 をサポートします。
3.サービス
(1)日本語特許明細書の英文翻訳
米国、欧州(EPO)、オーストラリア、カナダ等、英語圏へのパリ優先用明細書の英文翻訳、PCT国内移行用明細書の英文翻訳(「優先権証明書」の英文翻訳を含む)を行います。

(2)国内拒絶理由通知等の英文翻訳
外国出願人の日本国内出願に対する拒絶理由通知の英文翻訳を行います(最近の判例[最高裁プロダクトバイプロセス判決等]にも勿論対応しています)。さらに、「事務所コメント」がある場合は、その英文翻訳も併せて行います。この意味で、米国のIDS(公知文献等の提出義務)にも対応が可能なことは言うまでもありません。

(3)特許関連コレポン文書の英文翻訳
内外、外内の拒絶理由対応時等の、現地代理人に向けたコレポン文書等の英文翻訳を行います。
4.当社の特徴点
(1)日本語特許明細書の英文翻訳 (外国代理人への外国エキスポート出願を想定しています。)
 外国出願、中間処理業務に経験を有する弁理士事務所の監修・指導の下、ランダムな翻訳者による不特定な処理によって、翻訳の品質にブレや錯誤が見られることの多い大手の翻訳会社では提供の困難といえる、高品質な英文明細書の作成を目指します。

 ここで、翻訳品質向上の工夫点としては、例えば、同じ技術分野の信用できる米国出願人の米国特許出願を3、4報通読し、どのような技術用語、表現、スタイルが用いられているかを十分に研究・検討してから対象文書の翻訳に取り組むようにしています。

 また、特に米国では判例に基づき、権利解釈上不利益となり得る、避けるべき技術用語、述語、表現、スタイルは極力使用しないように配慮することは言うまでもありません。

 特許明細書、特にクレームは、同じ技術内容であっても翻訳の品質によって特許査定率が変動することが知られています。米国では、“Festo判決”に見られるように、クレーム補正により、均等の及ぶ範囲が制限されて権利範囲が狭められる傾向があります。必ずしも米国のように判例法が支配する領域ではありませんが、その他の地域、例えば、欧州(EPO)等においても同様の事情があるといえます。

 当社では、低品質な翻訳に由来する無駄な拒絶理由の発生を極力なくし、クレーム補正の必要性を最小限度とするとともに、特許後において、広く強い権利範囲が確保できる高品質な翻訳サービスの提供を目指します。

(2)国内拒絶理由通知等の英文翻訳 (外国代理人からの国内インポート出願を想定しています。)
 拒絶理由通知書の翻訳の品質によって、外国出願人の理解の度合いが変化することは敢えて指摘するまでもないことです。

 当社では、日本語で書かれた拒絶理由通知に対し、正しい技術内容の理解に基づき、技術用語の的確な選択、日本語構文の正確な把握によって、外国出願人や代理人による拒絶理由通知の理解の促進を図り、その効果的な対応策の捻出を、技術的・法律的観点から強力にアシストすることを目指します。

 なお、欧州特許庁(EPO)のHPでは、“Global Dossier”と呼ばれる、日本語拒絶理由通知の機械翻訳サービスが無料で提供されていますが、この内容は、機械翻訳の域を超えるものでなく、決して品質的に満足のいくものではありません。

 当社では、このような問題点のある翻訳とは別に、独自の技術的・法律的観点から、高品質な翻訳サービスの提供を目指します。

(3)特許関連コレポン文書の英文翻訳
 外国代理人向けのコレポン文書では、いわゆる「ジャングリッシュ」といわれる、日本語直訳調の文体がまま見受けられますが、当社ではそうした直訳調の文体を極力避け、英語圏の特許実務担当者が簡単に理解できる自然な文体※2による翻訳を目指します。

 さらに、当社では、和文に記された内容通りのありきたりな翻訳でなく、構成のアレンジや、不足している伝達事項の追加を適宜に行い、英語圏の特許実務担当者による、技術内容、拒絶内容の適確な把握、有効な反論案の作出の一層の容易化を目指します。

(4)米国特許弁護士監修による、一層高品質な特許明細書翻訳・クレーム補正
 米国で特許権の権利行使を視野に入れるなど、特許翻訳のさらなる高品質化を指向される場合は、米国特許弁護士監修の下、英文特許明細書の一層のブラッシュアップを行います(内外中間対応の場合は米国特許弁護士監修でのクレーム補正にも対応します)。

(5)その他、英文特許明細書の和文翻訳等
 当社は、「英文翻訳」に特化しており、基本的には対応しませんが、これについてはご相談ください。
※1 ダイレクトPCT出願では、ベースとなる日本語明細書テキストは、お客様の方でご準備いただくことになります(この場合、各国、地域の特許法に適合した内容にモディファイすることも可能です。ご希望の場合は、技術内容、ボリュームに応じて、3―5万円/件で承ります。)。また、パソコン出願は、基本的にはお客様の方で行っていただくことになりますが、弁理士事務所を使うことも可能です(料金は加算になります)。パソコン出願については別途ご相談ください。

※2 同じ英語圏でも、米国、欧州、その他の国々では微妙に英文のスタイルが異なります。当社では、このように地域ごとに変動するスタイルに固執することなく、グローバルな英語センスに基づいて適正な英文翻訳を行うことで、英語圏のあらゆる地域の特許実務担当者に把握容易な英文文書の作成を目指します。


多摩グリーンテクノについて/業務の流れ/料金


会社概要
<東京事務所>
【会社名】 多摩ソフトウエア有限会社
【住所】 〒120-0034
東京都 足立区 千住3-6
ツオード千住 壱番館801
【電話】
【FAX】
03-5813-5563
03-5813-5564
<茨城つくば事務所>
【会社名】 多摩グリーンテクノ国際特許事務所
【住所】 〒305-0856
茨城県つくば市 観音台1-16-12
テラスハウスC棟101号
【電話/FAX】 029-896-3717
【営業時間】
平日 9:00〜17:00
定休日 土曜/日曜/祝日
(メールでの連絡は可能)
Google Map
Google ストリートビュー

English
Tama Software Ltd.
-Patent Translation Section-

Patent Translation Section

Tama software ltd., after having had a various and prosperous experiences in translating computer software related documents (e.g., localization), we proudly announce our launch of a new business in patent translation using know-how accumulated over years of endeavors. With trust and feedback from our clients, we have developed and improved upon computer software to assist our translation and with aid of professional reviews by a Japanese patent attorney who has ample experience in filing foreign patent applications in almost all technical fields.

   Our primary focus is to attract patent firms, small-to-medium sized companies seeking assistance with patent related translations.   Our patent firms and companies, who just starting to file foreign patent applications, need not have any prior foreign patent filing experience with either foreign patent application filings or foreign patent prosecution.

   We handle a wide variety of technical fields such as computer software, electrical (semiconductor, appliances, circuits, and electrical power transmitting system), mechanical field (automotive related devices/systems/parts, robot related stuffs, hydraulic systems, variety of manufacturing machines, and daily commodities), and chemical field (chemical reagents, compounds, raw materials such as resin/plastics/glasses, and chemical plants), excluding bio and pharmaceutical related technology.
Our Work Scope

We focus on English translation of Japanese patent applications, English translation of the office actions by the JPO, and English translation of patent-related correspondence documents.

   Also, as for an English translation of Japanese patent application intended for international filing, we provide full support and filing thereof for an international applications utilizing the PCT. Also, if you wish to tailor your international application for national phase so as to be compliant with the targeted foreign country’s patent law or judicial precedents in a more definitive manner, we can perform this task for a fee of 30-50K JPY per application for typical applications.
Services

(1) English Translation of the Office Actions by the JPO -for applications filed with the JPO- We cater to English translations of JPO’s Office Actions issued for Japanese patent applications, and can assist you with understanding Japanese patent law, such as the newest Supreme Court’s PBP Claim (Product by Process claim) case.
Also, we can translate your English response to JPO office actions and file the translation with the JPO.
As where necessary, we can also help you manage your IDS filings with the USPTO.

(2) English Translation of Japanese patent application -for applications to be filed in non-Japanese counties-
We cater to English translations of patent applications intended to claim priority under the Paris Convention, intended to use the PCT international route, and intended to be filed directly with the foreign patent office, all of which we provide sufficient translation certification if necessary.

(3) English Translation of patent-related correspondence documents -for JPO related application-
We further offer English Translations of patent-related correspondences and material for review by foreign patent firms for purposes of infringement, invalidity, or any other opinion legal matter. .
Our Specialty Features

(1) English Translation of Japanese patent applications -for the Export application-
By virtue of professional reviews by the Japanese Patent attorney, we aim to provide high quality English translations which are considered challenging for major translation companies which tend to focus on high volume and low quality.

   We take special care is taken in handling claims, which we believe are the essence of a proper translation so as to maintain the full breath of your intellectual property.   In particular, in the United States, as constructed in the Festo, the scope of patent claims may be narrowed by unavoidably by claim construction, due to claim amendment, even if to overcome claim mistranslation issues.   The situations thereof appear to be also applicable to the EPO where the judicial precedents nevertheless do not necessarily prevail.

   Thereby, we intend to provide a high quality English translations to maintain the scope as well as the strength of patent even after the grant of the patent by minimizing otherwise unnecessary amendments due to the low quality patent translations.

(2) English Translation of the Office Actions by the JPO -for the Import application-
We cannot stress enough that the quality of the translation is key to the value of foreign filed applications. Thus, we aim to assist, in both technical and legal points of view, the creations of effective countermeasures by the foreign applicants and the agents thereof through a justified capture of its technical content as well as taking great care in appropriate word choice from various technical and legal terms, as well as our precise grasp of the Japanese language.

   Incidentally, in the Home Page of the EPO (e.g., espacenet), although the complimentary English translation service of the JPO Office Action, that is so called “Global Dossier” is available, the service does not necessarily go beyond the level of a machine translation and is therefore usually only useful for cursory reviews.

(3) English Translation of patent-related correspondence documents -for any foreign or domestic applications-
We intend to provide structurally natural English translations, which are globally acceptable mainly in English speaking countries, and through which the foreign patent practitioners are able to easily capture the technical and legal content of the patent applications. Thus, we may save you time and effort in trying to decipherJanglish, a somewhat obscure English written in a Japanese-style.

   Moreover, we aim to provide support for appropriately grasping the legal and technical matters as well as for creating more effective arguments by the foreign applicants or agents through suitable arrangements of sentence structures and proper supplements for the lack of communicative information.

(4) Provision of further high quality English translation service and claim amendments through professional review by U.S. patent attorney
If you wish an even higher quality for your patent application with foreseeable events, such as for enforcement of your patent rights in the United States, you may request professional advice from an affiliated U.S. patent attorney in law. Also, with the assistance of our affiliated U.S. patent attorney, you may respond directly to USPTO office actions.

(5) Japanese translation of patent documents
As an additional service, we offer English to Japanese patent application translation.   Please feel free to inquire for more detail.
Fees

(1) English Translation of Japanese patent application
Available at 20-30 JPY/English word, varying depending upon the technical field, and the difficulty in the understanding of the technical content.   To keep our prices competitive, we will attempt to match most any reasonable quote estimated or previously charged to you by a major translation company.   Please do not hesitate to ask us about this in more detail.

(2) English Translation of the Office Actions by the JPO
Available at 20-25 JPY/English word, varying depending upon the difficulty in the understanding of the technical content.   We do our best to keep our prices competitive   Please do not hesitate to ask us about this in more detail.

(3) English Translation of patent-related correspondence documents
Available at 25 JPY/English word, on a fundamental basis.

(4) Provision of further high quality English translation service and claim amendments
Available at 20 JPY/English word on a fundamental basis, however, we can also handle this at around 50K JPY per patent application having approximately 5,000 words in total, and of which only five claims are heavily reviewed.   Also, the claim amendments are available at around 30K JPY per response per Office Action.

国際特許事務所 特許翻訳サービス多摩グリーンテクノ国際特許事務所 多摩ソフトウエア有限会社
東京事務所
【多摩ソフトウエア有限会社】

〒120-0034
東京都 足立区 千住3-6
ツオード千住 壱番館801

TEL:03-5813-5563
FAX:03-5813-5564
茨城つくば事務所
【多摩グリーンテクノ国際特許事務所】

〒305-0856
茨城県つくば市 観音台1-16-12
テラスハウスC棟101号

TEL/FAX:029-896-3717
【営業時間】
平日
9:00〜17:00

定休日
土/日/祝日(メール可)
Facebookフェイスブック国際特許事務所 特許翻訳サービス多摩グリーンテクノ国際特許事務所 多摩ソフトウエア有限会社
https://www.facebook.com/isidou.takehiko


多摩ソフトウエア有限会社 東京都 足立区 千住 北千住駅 日比谷線 千代田線 常磐線 東武伊勢崎線つくばエクスプレス
多摩ソフトウエア有限会社


QRコード パソコン スマホ タブレット対応ホームページ http://www.tama-greentechno.com 国際特許事務所 特許翻訳サービス多摩グリーンテクノ国際特許事務所 多摩ソフトウエア有限会社
QRコード
パソコン/スマホ/タブレット
マルチ端末対応

ホームページURL
http://www.tama-greentechno.com
リンク - LINK


<対応地域>【関東地方】東京都|神奈川県|埼玉県|千葉県|茨城県|栃木県|群馬県|山梨県【関西地方/近畿地方】大阪府|兵庫県|京都府|滋賀県|奈良県|和歌山県【東海地方】愛知県|岐阜県|静岡県|三重県【中国地方】鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県【四国地方】徳島県|香川県|愛媛県|高知県【九州地方】福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県【北陸地方】富山県|石川県|福井県【信越地方】新潟県|長野県【東北地方】青森県|岩手県|秋田県|宮城県|山形県|福島県【北海道】【沖縄県】
Copyright(C) 多摩グリーンテクノ国際特許事務所 All Rights Reserved.